エヴァンウィリアムズ15年、力強さよりも上品さ。

エヴァンウィリアムズ15年

15年熟成のバーボンは、スコッチのような香りをまとったものでした。
バーボンらしいパワーよりも、上品さを感じさせてくれます。

エヴァンウィリアムズ15年(EVAN WILLIAMS 15 Year Old)50.5%

  • 香り…バタートースト、マラスキーノチェリー、カステラ、昔ながらのカスタードプディング、くず餅。
  • 味…甘さの後に苦み。若干の金属の香味、浅煎りコーヒー、杏仁豆腐、蜂蜜。長い余韻。
  • 総評…香りはスコッチのような熟成と香ばしさを感じる。ビーフジャーキーのような肉系より、甘いものと合わせたほうが相性は良い。

90点

@日下部

エヴァンウィリアムズ15年をテイスティング

エヴァンの15年は限定ボトルで、すでに終売。
やはり半年ぶりに伺ったBARで、残り少ないですし、と差し出されました。
いただいて良いのかなと言いつつ、せっかくなので遠慮なく。

バーボンで15年熟成であれば、もう長熟と言って差し支えないのでは。
赤みの強い琥珀色が酔いを演出してくれます。

香りを嗅いで、驚いたことにスコッチモルト、それもスペイサイドモルトだなぁというのが第一印象。
徐々にスコッチとバーボンの中庸になってきて、味わうと濃い味。
後口までエレガントで長い余韻が楽しめるバーボンです。

合わせて甘物を出してくださったのですが、カカオ多めのチョコレートでは負けてしまう。
「白い恋人」のように、めっちゃ甘いのを当てがって、やっと釣り合いが取れました。
マッチョなのだけど高圧的でない、こういうの良いよね。

エヴァンウィリアムズ15年にチョコレートと白い恋人

エヴァンウィリアムズ12年を飲んだときの記憶も呼び起こされました。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性