外飲みで携帯したいマスクケース。

マスクケース

マスク装着が出歩くときのデフォルトになった今、外飲みや外食時に店内で外すマスクはケースに入れてみては?

外で飲食するとき、マスクってどうしてます?
尾身茂先生が仰った、飲んで食べてはまた着けて……みたいなマスク会食は定着しませんねぇ。
一時期やっていたのですが、BARでそれをするのも野暮な感じで止めてしまいました。

で、結局マスクはどうしているかというと

  • 外してマスクケースに入れる
  • 外してハンカチ等で包んで胸ポケットやバッグの中に
  • 顎マスク

です。

前者は何よりスマートだし、自分が困らないので実践してます。
冒頭のアイキャッチ写真がマスクを入れた際のケースで、無印良品のトラベルポーチの代用です。
後者の「顎マスク」は、マスクケースを忘れてしまったときや、1対1の会話が多くなりそうなときなど、状況に応じて。
今はどこも夜は閉店中で、実践しようにもできませんが。

マスクケースを持ち歩き、使うことで、

  • 飲食時に外したときに置き場に困らない
  • 店側も自分自身も多少安心でき、かつスマート

なのですよ。

時短営業中に伺ったBARで、カウンターにマスクを直置きしている人が少し見られたんですよね。
気にしない人は気にしないだろうけど、あんま良くないんじゃないかな。
マスクケースに効能はありませんが、カウンターやテーブルに置くよりは全然マシです。

余談ですが、高松の「Bar Dion」を訪問した際、店名の記されたマスクケースを差し出されたのは「やるなぁ」という感じでした。
衛生面が主眼かもしれませんが、うれしい気遣いだと思いましたよ。

それにしても、マスクが当たり前になっちゃいましたねぇ。
日本人はもともと抵抗ない人が多いですが、海外各国のニュース映像でマスクを着けて歩く人を見ると、コロナはとんでもない疫病なのだと認識させられます。
マスク嫌いのマインドの方々がフツーにマスクをしているのですから。

「取引先への訪問時はコートを入口で脱ぐ」というビジネスマナーがあるように、収束後はその派生形で「訪問時はマスクを事前に取る」みたいな不文律ができたりしてね。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性