ハイランドパーク蒸溜所のマーマレードジャム。

ハイランドパーク蒸留所のジャム

いつものお酒ネタの番外編です。3年前(2017年)にスコットランドのハイランドパーク蒸溜所で、自宅用に買ったおみやげのひとつを今ごろ開けてみました。蒸溜所限定(たぶん)のマーマレードジャムです。200g瓶、お値段£3.99。

下写真がジャムの瓶の裏面に貼られている原材料表示です。セビリアオレンジのマーマレードジャムの中に、シングルモルトウイスキー=ハイランドパーク12年が、わずかに(2%)含有されているようです。

いやぁ、買ったことも正直すっかり忘れていました。いいんです、ジャムですからね。賞味期限なんざ、あってないようなものです。で、トーストに塗って食べてみました。

味が濃く、美味しいです。そして思いのほか……甘い。皮が残ってるのでマーマレードジャムとわかるのですが、ウイスキー(っぽさ)は片鱗も感じられません。買った直後に開栓していたら、もう少し違ったかもしれません。「瓶熟」が進みすぎてしまったかな。ウイスキーボンボンのほうが、よほど洋酒です。

でも、ウイスキーを飲まない人に向けて持ち帰る蒸溜所の「消えものみやげ」ならジャムは最適ですね。ウイスキーのイメージを残したまま、かつ洋酒は抜けている。他の蒸溜所でやってるところはあるのかな。とても面白いですね。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性