2019年『エリザベート』涼風ゾフィーの迫力と、神々しいまでに美しいお花さん。

2019「エリザベート」(帝国劇場)

東宝ミュージカル『エリザベート』マイ千秋楽、観てきました(帝国劇場、2019年8月24日マチネ)。このブログで書きましたが、今回のエリザは全公演でたったの2回しか観ていません。前回の観劇記はこちら

トート役で城田優さんが出演しないことで、自分でもびっくりするくらい冷静に観られているんですね。今回トート役で登場した古川雄大さんは、歌唱で大きな飛躍を遂げています。あとはいかに自分のオリジナルのカラーを出すかだと思います。

トート役ダブルキャストの井上芳雄さんは不動のミュージカルスターですから、役へのアプローチで異論があろうと「おれがトートだ」といえば周りを説き伏せられるだけのキャリアと実力があります。だから古川さんは、それとはまったく異なるスタンスで舞台に臨めばいいと思います。歌唱の特徴とか、演技とかで。それは次の公演以降のお楽しみですね。

『エリザベート』は観るたびに発見がある作品のひとつ。今回の発見は涼風真世さんの皇太后ゾフィーです。香寿たつきさんとのダブルキャストで、この2人を今までほぼ半々の割合で観てきました。ともに歌唱力抜群の宝塚トップスター出身で、当たり前ですが声質が異なることで、同じ役でもまるで違う皇太后になります。

完全にイメージで言いますが、香寿さんの歌唱は木管楽器を感じさせるのに対し、涼風さんのそれは金管楽器なんですよね。

好き嫌いでも、ましてや良い悪いではなく、異なる声質の個性です。丸みを柔らかみと感じさせる香寿さんに対し、金管楽器で鋭角的なソロを展開しているような涼風さん。それに涼風さんはその若さゆえ、鬼姑というよりは、美人女傑って感じでそこがまた良い。

なによりもタフですよね。3カ月にわたる長丁場の公演で、調子の良し悪しが出ない。いや出ているのかもしれないけど、それを感じさせないわけですからリカバリー力もあるってこと。

タフと言えば。みんな大好きお花さん=花總まりさん。ピークを千秋楽に持ってきているんじゃないかというくらい尻上がり。観るたびに良くなっています。1幕のラスト鏡の間の「見返り美人」は、神々しいまでの美しさ。もうね、肖像画の再現です。

次回は3年後、2022年くらいでしょうか。花總さんの再登板があると信じて、楽しみに待ちましょう。

2019年8月24日マチネ「エリザベート」

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性